2013年11月30日

Лу́нтик 384 се́рия. 後半

「ой ? … аааа ??? …скоре́е верни́ её на ме́сто. 」
「Да , не получа́ется. она́ же оторвала́сь , дава́й трави́нкой перевя́жем , а…? что это бы́ло? ой!! она расхо́диться , лу́нтик!」
「Что?!」
「Я держу́ то́лько не де́лай ре́зких движе́ний!」
「Вот и мы , а…где кузя ?」
「Я тут! про́сто не хочу́ вам вид загора́живать.」
「Лу́нтик , ты не мог бы расста́вить ру́ки ?」
「Я тут! про́сто не хочу́ вам вид загора́живать.」
「Лу́нтик , ты не мог бы расста́вить ру́ки ?」
「Пове́рьте мне на́ слово , жиле́тка отли́чная , мо́жете да́же не смотре́ть.」
「Ку́зя , не говори́ глу́пости.Лу́чтик , покажи́ жиле́тку пожа́луйста.」

「えっ??…あわわわわ…早くボタンを戻さないと」
「だって、できないよ。とれちゃったもの。草で結ぼう! あれ?何が起こったんだ?…ぎゃっ、ルーンチク、ベストが裂けているぞ!」
「なんだって?」
「おさえているから、激しく動きだけはだめだぞ」
「ただいま…あれ、クージャはどこ?」
「ここだよ、視界をさえぎってはいけないと思っているだけだ!」
「ルーンチク、手を広げることはできないの??」
「俺の言葉を信じろ、ベストはとても綺麗だぞ、見なくても大丈夫だ」
「クージャ、ねぼけたこと言っていないで。ルーンチク、ベストを見せてちょうだい」

получа́ться / получи́ться 得られる できる
отрыва́ться / оторва́ться 取れる もげる 裂ける
трави́нка < трава́ 草
перевя́зывать / перевяза́ть  しばる むすぶ 包帯する
расходи́ться / расойти́сь 散り散りになる 溶ける 分かれる
ре́зкий 急激な きつい きびしい
движе́ние 動き
загора́живать / загороди́ть 遮断する ふさぐ
расставля́ть / расста́вить 〜の間隔を広げる 並べる 置く
на́ слово ве́рить (与) 〜の口での約束を信じる
глу́пость ばかなこと


「Ну…и жиле́тка.」
「Ой…! что вы наде́лали ? она́ была́ така́я замеча́тельная. а вы её испо́ртили!」
「Да , я вообще́ тут не при чём. э́то ты сши́ла те́сную жиле́тку.вот , пу́говица и оторвала́сь.а пото́м и всё остально́е.」
「Лу́нтик , э́то пра́вда ? почему́ ты сра́зу не сказа́л , что тебе́ те́сно ?」
「Не хоте́л тебя́ расстра́ивать , ты же сде́лала её в пе́рвый раз.」
「А ты то́чно всё по разме́рам сде́лала ?」
「Вообше́ то , я не измеря́ла лу́нтика , ду́мала что , и так приме́рно могу́ сде́лать.」
「В э́том де́ле нельзя́ приме́рно.」
「На́до чётко всё знать.」
「Не расстра́ивайся , сде́лай но́вую жиле́тку.」
「У тебя́ всё полу́чится , то́лько не забу́дь меня́ изме́рить.」

Но́вая жиле́тка оказа́лась тако́й удо́бной , что лу́нтик мог бы игра́ть в ней в футбо́л , но коне́чно же он бу́дет надева́ть её только на пра́здники.

「あ…ベストが…」
「きゃっ!何てことをするの?あんなに素敵だったのに、だめにしまうなんて!」
「俺は関係ないぞ!君がきついサイズのベストを作ったんだよ。それでボタンがとれたんだ。で、これが残りの生地。
「ルーンチク、本当?なんですぐに、キツイと言ってくれなかったの?」
「がっかりさせたくなくて。君が初めて作ったから…」
「あなた、全てをサイズに従って、正確に作ったの?」
「実は、私、ルーンチクを計っていないのよ。そのまま、なんとなく作れると思って…」
「こういうことでは『なんとなく』はダメよ」
「すべて、正確に知る必要があるわ」
「がっかりしないで…、新しいベストを作りなさいよ」
「君ならなんでもできるよ。僕のことを計るのだけはわすれないでね」

新しいベストは、ベストを着てルーンチクがサッカーをできるくらい、心地よいものとなりました。でも、もちろんのこと、彼は特別な日だけ、着るのです。

ну и … あーあ (がっかりな時)
наде́лать (完) (好ましくない事を)引き起こす (迷惑を)かける
по́ртить / испо́ртить だめにする そこなう こわす
не при чём 関係がない 責任がない
пу́говица ボタン
остально́е 残り 余り
расстра́ивать / расстро́ить がっかりさせる 乱す 痛める 
разме́р 大きさ サイズ 規模
вообше́ то 実は
измеря́ть / изме́рить 計る
и так そのままでも
приме́рно だいたい およそ
чётко 明瞭に はっきりと 整然と
расстра́иваться / расстро́иться がっかりする
ока́зываться / оказа́ться (造 〜と)判明する わかる なる

posted by パプリカ at 23:59| Comment(2) | Лунтик(ルーンチク・ルンチク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パプリカさま
ルンチクはロシア、ウクライナなどでは
現在でも子供たちに人気があるようです。
日本ではそれほど知られていないようですが
ロシア語の勉強をするにはかなりいい教材に
なりますね。
Posted by Kunikuni at 2014年06月21日 09:54
Kunikuni様

コメントありがとうございます!!!
一気にに仕事が忙しくなってしまい、
全く更新できずじまいで残念です。

少し、ロシア語学習に役立つ、
「例文特集」などでも掲載していこうと思います。
Posted by パプリカ at 2014年07月28日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。