2013年11月30日

Лу́нтик 384 се́рия. 後半

「ой ? … аааа ??? …скоре́е верни́ её на ме́сто. 」
「Да , не получа́ется. она́ же оторвала́сь , дава́й трави́нкой перевя́жем , а…? что это бы́ло? ой!! она расхо́диться , лу́нтик!」
「Что?!」
「Я держу́ то́лько не де́лай ре́зких движе́ний!」
「Вот и мы , а…где кузя ?」
「Я тут! про́сто не хочу́ вам вид загора́живать.」
「Лу́нтик , ты не мог бы расста́вить ру́ки ?」
「Я тут! про́сто не хочу́ вам вид загора́живать.」
「Лу́нтик , ты не мог бы расста́вить ру́ки ?」
「Пове́рьте мне на́ слово , жиле́тка отли́чная , мо́жете да́же не смотре́ть.」
「Ку́зя , не говори́ глу́пости.Лу́чтик , покажи́ жиле́тку пожа́луйста.」

「えっ??…あわわわわ…早くボタンを戻さないと」
「だって、できないよ。とれちゃったもの。草で結ぼう! あれ?何が起こったんだ?…ぎゃっ、ルーンチク、ベストが裂けているぞ!」
「なんだって?」
「おさえているから、激しく動きだけはだめだぞ」
「ただいま…あれ、クージャはどこ?」
「ここだよ、視界をさえぎってはいけないと思っているだけだ!」
「ルーンチク、手を広げることはできないの??」
「俺の言葉を信じろ、ベストはとても綺麗だぞ、見なくても大丈夫だ」
「クージャ、ねぼけたこと言っていないで。ルーンチク、ベストを見せてちょうだい」

получа́ться / получи́ться 得られる できる
отрыва́ться / оторва́ться 取れる もげる 裂ける
трави́нка < трава́ 草
перевя́зывать / перевяза́ть  しばる むすぶ 包帯する
расходи́ться / расойти́сь 散り散りになる 溶ける 分かれる
ре́зкий 急激な きつい きびしい
движе́ние 動き
загора́живать / загороди́ть 遮断する ふさぐ
расставля́ть / расста́вить 〜の間隔を広げる 並べる 置く
на́ слово ве́рить (与) 〜の口での約束を信じる
глу́пость ばかなこと


「Ну…и жиле́тка.」
「Ой…! что вы наде́лали ? она́ была́ така́я замеча́тельная. а вы её испо́ртили!」
「Да , я вообще́ тут не при чём. э́то ты сши́ла те́сную жиле́тку.вот , пу́говица и оторвала́сь.а пото́м и всё остально́е.」
「Лу́нтик , э́то пра́вда ? почему́ ты сра́зу не сказа́л , что тебе́ те́сно ?」
「Не хоте́л тебя́ расстра́ивать , ты же сде́лала её в пе́рвый раз.」
「А ты то́чно всё по разме́рам сде́лала ?」
「Вообше́ то , я не измеря́ла лу́нтика , ду́мала что , и так приме́рно могу́ сде́лать.」
「В э́том де́ле нельзя́ приме́рно.」
「На́до чётко всё знать.」
「Не расстра́ивайся , сде́лай но́вую жиле́тку.」
「У тебя́ всё полу́чится , то́лько не забу́дь меня́ изме́рить.」

Но́вая жиле́тка оказа́лась тако́й удо́бной , что лу́нтик мог бы игра́ть в ней в футбо́л , но коне́чно же он бу́дет надева́ть её только на пра́здники.

「あ…ベストが…」
「きゃっ!何てことをするの?あんなに素敵だったのに、だめにしまうなんて!」
「俺は関係ないぞ!君がきついサイズのベストを作ったんだよ。それでボタンがとれたんだ。で、これが残りの生地。
「ルーンチク、本当?なんですぐに、キツイと言ってくれなかったの?」
「がっかりさせたくなくて。君が初めて作ったから…」
「あなた、全てをサイズに従って、正確に作ったの?」
「実は、私、ルーンチクを計っていないのよ。そのまま、なんとなく作れると思って…」
「こういうことでは『なんとなく』はダメよ」
「すべて、正確に知る必要があるわ」
「がっかりしないで…、新しいベストを作りなさいよ」
「君ならなんでもできるよ。僕のことを計るのだけはわすれないでね」

新しいベストは、ベストを着てルーンチクがサッカーをできるくらい、心地よいものとなりました。でも、もちろんのこと、彼は特別な日だけ、着るのです。

ну и … あーあ (がっかりな時)
наде́лать (完) (好ましくない事を)引き起こす (迷惑を)かける
по́ртить / испо́ртить だめにする そこなう こわす
не при чём 関係がない 責任がない
пу́говица ボタン
остально́е 残り 余り
расстра́ивать / расстро́ить がっかりさせる 乱す 痛める 
разме́р 大きさ サイズ 規模
вообше́ то 実は
измеря́ть / изме́рить 計る
и так そのままでも
приме́рно だいたい およそ
чётко 明瞭に はっきりと 整然と
расстра́иваться / расстро́иться がっかりする
ока́зываться / оказа́ться (造 〜と)判明する わかる なる

posted by パプリカ at 23:59| Comment(2) | Лунтик(ルーンチク・ルンチク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

Лу́нтик 384 се́рия. 前半



- Жиле́тка -

「Эле́на приве́т ! куда́ лети́шь? 」
「Приве́т я как раз к тебе́ , хоте́ла ко́е-что́ подари́ть ! 」
「Здо́рово ! а что за пода́рок? 」
「Понима́ешь , я неда́вно ста́ла занима́ться рукоде́лием , и впервы́е сши́ла жиле́тку. для́ тебя́.... 」
「Ух ты ! кака́я она́ краси́вая ! спаси́бо. 」
「Тебе́ нра́вится да? я так стара́лась. наде́нь её скоре́е , я хочу посмотре́ть. 」

「...Ты ско́ро? 」
「...да...да...почти́... , всё !! 」

「Она́ тебе́ так идёт !! я так и зна́ла , что это твой цвет. 」
「Здо́рово. мо́жно её снять? 」
「Нет ! зачем? ты ведь куда́-то идёшь? 」
「Игра́ть с ку́зей в футбо́л. 」
「Вот и отли́чно ! посмо́трим что он ска́жет про жиле́тку. 」

― ベスト ―

「やあ、エレーナ、どこに行くの?」
「こんにちは、ちょうどあなたのとこへ行くところよ、ちょっとした物をプレゼントしたかったから」
「すごい!どんなプレゼント?」
「えっとね、最近手芸をやりだしていたの。はじめてベストを編んだのよ。ルーンチクにあげる」
「あ、素敵! とても綺麗だね。ありがとう!」
「気に入ってくれたかしら? とても頑張ったのよ。早く着てみて、見て見たいわ」

「…もうすぐかしら?」
「…うん…う…ん、もうすぐ…、…、…オッケー!」

「とてもお似合いだわ! これがあなたの色だと思っていたの」
「とても良いよ。脱いでいいかな?」
「だめよ!なんで? だって、どこか行くところなんでしょ?」
「クージャとサッカーをしに行くんだ」
「あら、いいじゃない。クージャがベストについて何て言うか見てみましょ」

как раз ちょうど
ко́е-что́ ちょっとした物、ある物(渡す方が中身を知っているときに使う)
что за...? どんな...?
понима́ешь えっとね、あのね
рукоде́лие (ししゅう・編み物などの)手芸 > рукоде́лием(造)
ши́ть / сши́ть 縫う 裁縫をする
Ух ты ! 素敵!
стара́ться / постара́ться 努力する、頑張る
надева́ть / наде́ть 着る > наде́тьの命令形
идёт 似合っている
так и зна́л (ла) わかっていた、前から思っていた
снима́ть / снять 脱ぐ はずす
про(対)〜について

「Погоди́ мину́тку. ...вот она́ ! 」

「Краси́вая ! и прия́тная на о́щупь. 」
「В ней наве́рно удо́бно? 」
「...Очень.... 」
「Ты про́сто малоде́ц ! 」
「Спаси́бо. 」

「Лу́нтик , что ты стои́шь? мы почти́ пришли́. 」

「(ルーンチクに)ちょっと待って。(ミーラたちに)ほら、これがそのベストよ」

「きれいだわ、触り心地も良いわ」
「きっと快適だろうね?」
「…とっても…」
「あなた、本当にすごいわ!」
「ありがとう」

「ルーンチク、どうして立ち止まっているの? もうすぐ着くわよ」

погоди́ть (完)ちょっと待つ
на о́щупь 触ってみて
в(前) 〜を着ている В ней > В жиле́тке

「Приве́т ку́зя. 」
「Лу́нтик , ты чего́ так до́лго? 」
「Приве́т ку́зя ! смотри́ како́й лу́нтик сего́дня краси́вый. э́то я ему́ жиле́тку сши́ла. 」
「Да , Лу́нтик , тебе́ в тако́м ви́де е́сли и выпуска́ть на по́ле , то то́лько во вре́мя пора́да. 」
「Хохохо…это то́чно. в футбо́л лу́чше не игра́ть , а то она́ порвёться.」
「То...тогда́ мне на́до скоре́е её снима́ть , мы же хоте́ли с ку́зей в фудбо́л игра́ть.」
「Коне́чно снима́й , ...стой , подожди́ чуть-чу́ть , я хочу́ подру́гам жиле́тку показа́ть ...де́вачки!!」
「Скоре́е бы , не могу́ бо́льше так ходи́ть.」
「А что? она тебе́ не нра́вится?」
「Нра́вится , но , но , очень те́сная.」

「おっす…クージャ」
「ルーンチク、どうしたんだい? 遅かったじゃんよ」
「こんにちは、クージャ、見てよ!今日のルーンチクはとても綺麗なのよ!私が彼にベストを縫ってあげたのよ。
「ああ。でも、ルーンチク、そんな恰好でグラウンドにお前を出すなら、それは、表彰式の時だけだよ。」
「ほほほ、そのとおりね。サッカーはやらない方がいいわよ、そうしないと破れちゃうから。」
「そ...それなら、早く脱がないと。僕たち、サッカーをやりたいんだから。」
「もちろん脱いでちょうだい…ストップ!ちょっと待って、友達にベストを見せたいわ。…みんなー。」
「はやくしてくれないかなあ…これ以上着ていられないよ」
「なんでだよ?気に入っていないのかい?」
「気に入っているよ、でも、でも、とてもきつくて…」

в тако́м ви́де そんな恰好で > вид 外見
выпуска́ть / вы́пустить 外へ出す
на по́ле サッカーのフィールドに
пора́д パレード 表彰式
порва́ться (完) 裂ける 切れる
скоре́е бы はやく〜しないかなあ
те́сный きつい


posted by パプリカ at 15:59| Comment(2) | Лунтик(ルーンチク・ルンチク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

Лу́нтик 191 се́рия. 後半

「Лу́нтик , ты чего́ ? такой гру́стный? новый год же ско́ро. 」
「Мои́ друзья́ не ве́рят в де́да моро́за , говоря́т что его́ нет , а вдру́г э́то пра́вда…? 」
「Кака́я тебе́ ра́зница , ве́рят други́е и́ли нет , гла́вное , что ты ве́ришь. 」
「Ка́пачка , го́сти уже́ подтя́гиваются. 」
「Ой , а стол ещё не накры́т. 」

「ルーンチク、どうしてそんなに悲しそうなの? 新年がもうすぐくるわ」
「友達がマロースおじさんを信じていないんだ…みんな『いない』って言うの。ひょっとしたら、それが真実なのかなあ…?」
「ほかの人が信じていてもいなくても、あなたにとって何が違うの? 大事なことは、あなたが信じているということよ」
「カーパ、お客様がもう集まり始めているぞ」
「あら、まだ食卓の準備ができていないわ!」

ты чего́ ? どうしたの?
гру́стный 悲しい
вдру́г ひょっとして〜なら
Кака́я ра́зница 何が違うの 同じことよ
подтя́гиваться / подтяну́ться 集結する 集まる
накрыва́ть / накры́ть おおう かぶせる
накры́ть стол 食卓の用意をする

「Э́то дед маро́з!」
「Э́то дед маро́з!」
「То́чно дед маро́з!…нет…ой! извини́те.」
「Что за дела́?!」
「С но́вым го́дом!」
「Ну что лу́нтик , где твой дед моро́з? 」
「Где твоя́ земляни́чка? 」
「Дед мороз!!! 」
「Поздправля́ю всех с но́вым го́дом! 」
「Смотри́те! я же говори́л что он есть , а вы не ве́рили. 」
「Вот лу́нтик , твой пода́рок. 」
「Земляни́чка! 」
「Ой…к сожале́нию...я не успе́л слета́ть в тёплые стра́ны , поэ́тому реши́л подари́ть тебе́ каньки́. 」
「Так я и знал , что дед моро́з ли́повый. 」
「Настоя́щий , земляни́чку бы подари́л. 」
「Бу́дете так говори́ть , не полу́чите от меня́ никаки́х.... а...а...о.... 」

「マロースおじさんだ」
「マロースおじさんだ」
「間違いなくマロースおじさんだ…違った…あっ!…ごめんなさい。」
「何すんだよー」
「明けましておめでとうーーー!!」
「どうしたルーンチク、お前のマロースおじさんはどこだ」
「お前のオランダ苺はどこだ」
「みなさん、新年おめでとう!」
「見てよ! マロースおじさんはいるんだと、僕は言っただろう。君たちは信じなかったけど」
「はい、ルーンチク。君(へ)のプレゼントだよ」
「オランダ苺!」
「あ…残念だが、暖かい国に行くのが間に合わなかったんだ…だから、スケート靴を贈ることにしたんだよ」
「マロースおじさんはインチキだ、と、俺は知っていたぞ」
「本物ならば、オランダ苺を贈って見せてよ」
「そういうことを言うと、私から何も受け取れなくなるぞ…あ、あ、おおお」

То́чно 間違いなく
Что за дела́?! 何すんだよー。
слета́ть (完) 飛んで行ってくる
ли́повый インチキの にせものの
Настоя́щий 本物の 現在の
Бу́дете так говори́ть そういうことを言うと

「...а? ...с новы́м го́дом лу́нтик?」
「Земляни́чка!!!!」
「Де́дшка моро́з спаси́бо!!!」
「Смотри́те , что мне дед моро́з подари́л.」
「Шешу́ля , где ты взял земляни́чку?」
「Да...это не я.」

Настоя́щего де́да моро́за , мо́жно никогда́ и не уви́дить. но е́сли ты в него́ ве́ришь , он обяза́тельно даст о себе́ зна́ть.

「А...кто же тогда́ пренёс земляни́ку?」

「…うん? 新年おめでとう、ルーンチク?」
「オランダ苺だ!!!!」
「マロースおじさん、ありがとうーーーーー!!!!」
「見て見て! マロースおじさんがくれたんだよ」
「シェールさん、どこで苺を採ってきたの?」
「え...私じゃないよ」

本物のマロースおじさんを見ることは、決してできないでしょう。でも、もし君が彼のことを信じていれば、必ず(彼について何かを)知らせてくれでしょう。

「で、いったい誰が苺を持ってきたんだ??」

никогда́ 決して(〜ない)
дава́ть / да́ть (зна́ть) 教える
пренёс > пренести́ 持ってくる

posted by パプリカ at 20:49| Comment(0) | Лунтик(ルーンチク・ルンチク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Лу́нтик 191 се́рия. 前半



- С Но́вым Го́дом, Лу́нтик -

「Деду́ля , бабу́ля , я написа́л письмо́ де́ду моро́зу.」
「О́чень хорошо́ лу́нтик. положи́ конве́рт у окна́ , и ложи́сь спа́ть. Дед моро́з обяза́тельно заберёт твоё письмо́」
「А…что ты попроси́л у него́ в пода́рок ?」
「Све́жую земляни́чку. ле́то ещё не ско́ро , а я так хочу́ я́годку」
「Да…? тако́го я не ожида́л....хо́ть бы коньки́ и́ли санки́ попроси́л....」
「Ничего́ , что́-нибу́ть приду́маем.гла́вное , взя́ть у него́ письмо́」
「Наде́юсь , де́душка моро́з успе́ет принести́ её к за́втрашнему пра́зднику」

「Забра́л!」

― 新年おめでとう!ルーンチク ―

「おじいちゃん、おばあちゃん、マロースおじさんへの手紙を書き上げたよ」
「とてもよくできたわ、ルーンチク。封筒を窓のそばにおいて寝るのよ。マロースおじさんは必ず、手紙をもっていってくれるからね」
「あ、マロースおじさんへのプレゼントに何を頼んだんだい?」
「新鮮なオランダ苺! 夏はまだすぐには来ないから。とってもべりーがほしいんだ」
「ああ…? そんなものを頼むなんて予想していなかったぞ…、せめてスケート靴か橇でも頼んでくれていたら…」
「大丈夫よ。なんか考え付くわ。大事なのはルーンチクのもとから手紙をもっていくことよ」
「マロースおじさんが苺を持ってくるのが、明日の祝日に間に合うといいなあ」

「(マロースおじさんが手紙を)持って行ってくれた!」

кла́сть / положи́ть 置く、寝かせる
забира́ть / забра́ть 持って行く
проси́ть / попроси́ть 頼む
све́жий 新鮮な
земляни́чка > земляни́ка オランダ苺
ожида́ть 予期する 予測する(不完)
хо́ть бы せめて〜だったら
коньки́ スケート靴
санки́  ソリ
приду́мывать / приду́мать 考え出す 思いつく
наде́яться что 〜をあてにしている 期待している
приноси́ть / принести́ 持ってくる
за́втрашний 明日の

「Придётся на балко́не снег убира́ть...а то го́сти не смо́гут фейерве́рк....」
「Дед моро́з забра́л моё письмо́!!!」
「Ну , коне́чно забра́л.это же дед моро́з!!!」
「Он принесёт мне земляни́чку! вот ребя́та обра́дуются , когда́ узна́ют!!」

「バルコニーの雪を掃除しないと…そうしないと、お客さんたちが花火を見られないから…」
「マロースおじさんが、僕の手紙を持っていってくれたよ!」
「そうよ、もちろん持っていってくれるわ。そりゃあ、マロースおじさんだもの!」
「(マロースおじさんが)オランダ苺を(僕に)持ってきてくれるぞ! そうだ、みんなが知ったら喜ぶぞ!」

приходи́ться / прийти́сь 〜しなければならない せざるを得ない
а то さもないと そうしないと
фейерве́рк 花火
эта же そりゃあ〜のことだからね(強調)
ра́доваться / обра́доваться 喜ぶ

「Приве́т ребя́та! а мы сего́дня бу́дем естъ све́жую земляни́чку」
「Ого! а...где вы её взя́ли?」
「Она же зимо́й не растёт」
「Я попроси́л её у де́да моро́за!!」
「Тьфу́-ты , а я уже́ обра́довался」
「Ты что!? , лу́нтик , в де́да моро́за ве́ришь?」
「Да , а вы ра́зве нет?」
「Хахаха…ха…」
「Мы не таки́е глу́пые. нет никако́го де́да моро́за!」
「Это то́лько вы малышня́ , мо́жете в таку́ю ерунду́ ве́рить!」
「А я во́все и не ве́рю. 」
「И я. 」
「Получа́й」
「Я ду́мал вы обра́дуетесь…」

「やっほー、みんな! 今日は、みんな新鮮なオランダ苺が食べられるよ」
「おお!どこで採ったの?」
「オランダ苺なんて、冬には生えていないだろう」
「マロースおじさんに頼んだんだよ!!」
「ちぇっ、喜ばせやがって」
「本気かよ! ルーンチク、マロースおじさんを信じてるの??」
「うん。君たちはまさか、いないとでも??」
「あーーははははは」
「俺たちはそんなにバカじゃねえよ。マロースおじさんなんているわけないだろ」
「そんなバカバカしいことを信じることができるのは、お前らのようなガキンチョだけだぞ!」
「あ? 俺は全く信じてないぞ!」
「私もよ」
「くらえ!」
「みんな喜ぶと思ったのに…」

расти́ / вы́расти 育つ 生える 
Тьфу́-ты ちぇっ
Ты что!? 本気か?正気か?
ра́зве まさか 本当に
глу́пый ばかだ
никако́й およそ〜ではない
малышня́ ガキンチョ
ерунда́ バカバカしいこと
во́все 全く


posted by パプリカ at 16:14| Comment(0) | Лунтик(ルーンチク・ルンチク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。