2013年11月11日

らんま「半分」

こんにちは。

ロシア語版「らんま2分の1」を買ってきました。
ドラゴンボールに比べると、古くの出版のようで、左開き。
挙句の果てにはすぐページが取れてしまう、製本の悪さ…ま、しかたない。

Ranma.01.JPEG
↑「 ранма 」の上に小さく「 пол-ранмы 」とあります。

пол 名詞の生格 : 〜半分
пол-я́блока : りんご半分 яблоко > яблока (生格)
пол-ранмы : らんま半分 ранма > ранмы (生格)
ということで、пол ранмы。
生格の勉強になるタイトルです。

Ranma.02.JPEG

漫画の最後には、人物関係を理解するための一助として「さん」「くん」「ちゃん」など、
日本語の「人の呼び方」の説明が、具体的なセリフとともに説明されています。^^。

Ranma.03.JPEG
しかし、左開きはやはり読みにくい…。

Ranma.04.JPEG
慣れもあるでしょうが。(^▽^;)

Ranma.05.JPEG

「けがをしたので、この子が代わりに出場するわ」というあたり。
「У меня́ тра́вма. вот она́ вы́ступит вме́сто меня́.」

вы́ступитьの曲用(完了体動詞の変化って初心者の私にはすごく難しい)と、
вме́сто (生格)〜の代わりに あたりがお勉強になりました。
使えそうなフレーズですね。^^。


posted by パプリカ at 12:53| Comment(0) | ロシア語の本(漫画など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドラゴンボール」ロシア語版がスゴイ!

こんばんは ^^。

「ドラゴンボール」(鳥山明)のロシア語版を購入してきました。
タイトルの「DRAGON BALL」は、「же́мчуг драко́на」と翻訳されています。
「мяч」(ボール)でなく「жемчук」(真珠)を使っているのは、
ドラゴンボールが、弾力性のあるボールではなく、宝玉だからでしょう。

小学生の時から読んでいるので、セリフは完璧に覚えている!
てなわけで、辞書を引きつつ読んでいます、口語が学べる!

DB.01.JPEG
↑とりあえず7冊

日本のコミックは右から開いていきますが、ヨーロッパは左から開きます。
そこで、かつてはすべてのページを反転させて、翻訳出版していました。
今度紹介する「らんま2分の1」は、全て左右反転して左開きです。
しかし、そろそろ「МАНГА」の認知度も上がり、いよいよ日本仕様が主流に。
そのため、最後のページ(ロシア人が最初に開けがちなページ)には、こんな注意が!

DB.02.JPEG
↑「ストップ!ここは本の最後のページです!」

ちゃんと、マンガ初心者のために「読み方」まで書いてありますね。^^。

写真は、第6巻。悟空が西の都のブルマの家を訪ねるシーン。
お巡りさんと悟空の会話が、なかなか勉強になります。

DB.03.JPEG

「 прости́ что опя́ть спра́шиваю , ты и пра́вда знако́м с бу́лмой? 」
「くどいようだが、ホントにそのブルマさんとしりあいなんだろうね…?」
「くどいようだが」を「もう一度聞くのを許せよ」と翻訳するのは納得!
「 прости́ 」を「 извини́те 」にすれば、先生への質問に使えるフレーズになりました。
「ブルマさんとしりあい」は「 знаком с 造格 」、なるほどなるほど。

それにしてもびっくりしたのは、ここ!!! なんとロシア語版、最後のミニコーナー、
「とりやまさんのDRAGON BALLなんでもかんでもコーナー」まで翻訳。
しかも見てください。Q1の「小学生の直筆」の部分を…。

DB.04.JPEG
↑「そんごくさまのなかまになるのにわどやるとなれるのですか」を…。

DB.05.JPEG
↑同じ字体のロシア語に…!!! これはすごすぎる!

また、何か発見があったら紹介していきます。^^。

posted by パプリカ at 00:08| Comment(6) | ロシア語の本(漫画など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。