2013年11月11日

「ドラゴンボール」ロシア語版がスゴイ!

こんばんは ^^。

「ドラゴンボール」(鳥山明)のロシア語版を購入してきました。
タイトルの「DRAGON BALL」は、「же́мчуг драко́на」と翻訳されています。
「мяч」(ボール)でなく「жемчук」(真珠)を使っているのは、
ドラゴンボールが、弾力性のあるボールではなく、宝玉だからでしょう。

小学生の時から読んでいるので、セリフは完璧に覚えている!
てなわけで、辞書を引きつつ読んでいます、口語が学べる!

DB.01.JPEG
↑とりあえず7冊

日本のコミックは右から開いていきますが、ヨーロッパは左から開きます。
そこで、かつてはすべてのページを反転させて、翻訳出版していました。
今度紹介する「らんま2分の1」は、全て左右反転して左開きです。
しかし、そろそろ「МАНГА」の認知度も上がり、いよいよ日本仕様が主流に。
そのため、最後のページ(ロシア人が最初に開けがちなページ)には、こんな注意が!

DB.02.JPEG
↑「ストップ!ここは本の最後のページです!」

ちゃんと、マンガ初心者のために「読み方」まで書いてありますね。^^。

写真は、第6巻。悟空が西の都のブルマの家を訪ねるシーン。
お巡りさんと悟空の会話が、なかなか勉強になります。

DB.03.JPEG

「 прости́ что опя́ть спра́шиваю , ты и пра́вда знако́м с бу́лмой? 」
「くどいようだが、ホントにそのブルマさんとしりあいなんだろうね…?」
「くどいようだが」を「もう一度聞くのを許せよ」と翻訳するのは納得!
「 прости́ 」を「 извини́те 」にすれば、先生への質問に使えるフレーズになりました。
「ブルマさんとしりあい」は「 знаком с 造格 」、なるほどなるほど。

それにしてもびっくりしたのは、ここ!!! なんとロシア語版、最後のミニコーナー、
「とりやまさんのDRAGON BALLなんでもかんでもコーナー」まで翻訳。
しかも見てください。Q1の「小学生の直筆」の部分を…。

DB.04.JPEG
↑「そんごくさまのなかまになるのにわどやるとなれるのですか」を…。

DB.05.JPEG
↑同じ字体のロシア語に…!!! これはすごすぎる!

また、何か発見があったら紹介していきます。^^。

【関連する記事】
posted by パプリカ at 00:08| Comment(6) | ロシア語の本(漫画など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

Лу́нтик 191 се́рия. 後半

「Лу́нтик , ты чего́ ? такой гру́стный? новый год же ско́ро. 」
「Мои́ друзья́ не ве́рят в де́да моро́за , говоря́т что его́ нет , а вдру́г э́то пра́вда…? 」
「Кака́я тебе́ ра́зница , ве́рят други́е и́ли нет , гла́вное , что ты ве́ришь. 」
「Ка́пачка , го́сти уже́ подтя́гиваются. 」
「Ой , а стол ещё не накры́т. 」

「ルーンチク、どうしてそんなに悲しそうなの? 新年がもうすぐくるわ」
「友達がマロースおじさんを信じていないんだ…みんな『いない』って言うの。ひょっとしたら、それが真実なのかなあ…?」
「ほかの人が信じていてもいなくても、あなたにとって何が違うの? 大事なことは、あなたが信じているということよ」
「カーパ、お客様がもう集まり始めているぞ」
「あら、まだ食卓の準備ができていないわ!」

ты чего́ ? どうしたの?
гру́стный 悲しい
вдру́г ひょっとして〜なら
Кака́я ра́зница 何が違うの 同じことよ
подтя́гиваться / подтяну́ться 集結する 集まる
накрыва́ть / накры́ть おおう かぶせる
накры́ть стол 食卓の用意をする

「Э́то дед маро́з!」
「Э́то дед маро́з!」
「То́чно дед маро́з!…нет…ой! извини́те.」
「Что за дела́?!」
「С но́вым го́дом!」
「Ну что лу́нтик , где твой дед моро́з? 」
「Где твоя́ земляни́чка? 」
「Дед мороз!!! 」
「Поздправля́ю всех с но́вым го́дом! 」
「Смотри́те! я же говори́л что он есть , а вы не ве́рили. 」
「Вот лу́нтик , твой пода́рок. 」
「Земляни́чка! 」
「Ой…к сожале́нию...я не успе́л слета́ть в тёплые стра́ны , поэ́тому реши́л подари́ть тебе́ каньки́. 」
「Так я и знал , что дед моро́з ли́повый. 」
「Настоя́щий , земляни́чку бы подари́л. 」
「Бу́дете так говори́ть , не полу́чите от меня́ никаки́х.... а...а...о.... 」

「マロースおじさんだ」
「マロースおじさんだ」
「間違いなくマロースおじさんだ…違った…あっ!…ごめんなさい。」
「何すんだよー」
「明けましておめでとうーーー!!」
「どうしたルーンチク、お前のマロースおじさんはどこだ」
「お前のオランダ苺はどこだ」
「みなさん、新年おめでとう!」
「見てよ! マロースおじさんはいるんだと、僕は言っただろう。君たちは信じなかったけど」
「はい、ルーンチク。君(へ)のプレゼントだよ」
「オランダ苺!」
「あ…残念だが、暖かい国に行くのが間に合わなかったんだ…だから、スケート靴を贈ることにしたんだよ」
「マロースおじさんはインチキだ、と、俺は知っていたぞ」
「本物ならば、オランダ苺を贈って見せてよ」
「そういうことを言うと、私から何も受け取れなくなるぞ…あ、あ、おおお」

То́чно 間違いなく
Что за дела́?! 何すんだよー。
слета́ть (完) 飛んで行ってくる
ли́повый インチキの にせものの
Настоя́щий 本物の 現在の
Бу́дете так говори́ть そういうことを言うと

「...а? ...с новы́м го́дом лу́нтик?」
「Земляни́чка!!!!」
「Де́дшка моро́з спаси́бо!!!」
「Смотри́те , что мне дед моро́з подари́л.」
「Шешу́ля , где ты взял земляни́чку?」
「Да...это не я.」

Настоя́щего де́да моро́за , мо́жно никогда́ и не уви́дить. но е́сли ты в него́ ве́ришь , он обяза́тельно даст о себе́ зна́ть.

「А...кто же тогда́ пренёс земляни́ку?」

「…うん? 新年おめでとう、ルーンチク?」
「オランダ苺だ!!!!」
「マロースおじさん、ありがとうーーーーー!!!!」
「見て見て! マロースおじさんがくれたんだよ」
「シェールさん、どこで苺を採ってきたの?」
「え...私じゃないよ」

本物のマロースおじさんを見ることは、決してできないでしょう。でも、もし君が彼のことを信じていれば、必ず(彼について何かを)知らせてくれでしょう。

「で、いったい誰が苺を持ってきたんだ??」

никогда́ 決して(〜ない)
дава́ть / да́ть (зна́ть) 教える
пренёс > пренести́ 持ってくる

posted by パプリカ at 20:49| Comment(0) | Лунтик(ルーンチク・ルンチク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Лу́нтик 191 се́рия. 前半



- С Но́вым Го́дом, Лу́нтик -

「Деду́ля , бабу́ля , я написа́л письмо́ де́ду моро́зу.」
「О́чень хорошо́ лу́нтик. положи́ конве́рт у окна́ , и ложи́сь спа́ть. Дед моро́з обяза́тельно заберёт твоё письмо́」
「А…что ты попроси́л у него́ в пода́рок ?」
「Све́жую земляни́чку. ле́то ещё не ско́ро , а я так хочу́ я́годку」
「Да…? тако́го я не ожида́л....хо́ть бы коньки́ и́ли санки́ попроси́л....」
「Ничего́ , что́-нибу́ть приду́маем.гла́вное , взя́ть у него́ письмо́」
「Наде́юсь , де́душка моро́з успе́ет принести́ её к за́втрашнему пра́зднику」

「Забра́л!」

― 新年おめでとう!ルーンチク ―

「おじいちゃん、おばあちゃん、マロースおじさんへの手紙を書き上げたよ」
「とてもよくできたわ、ルーンチク。封筒を窓のそばにおいて寝るのよ。マロースおじさんは必ず、手紙をもっていってくれるからね」
「あ、マロースおじさんへのプレゼントに何を頼んだんだい?」
「新鮮なオランダ苺! 夏はまだすぐには来ないから。とってもべりーがほしいんだ」
「ああ…? そんなものを頼むなんて予想していなかったぞ…、せめてスケート靴か橇でも頼んでくれていたら…」
「大丈夫よ。なんか考え付くわ。大事なのはルーンチクのもとから手紙をもっていくことよ」
「マロースおじさんが苺を持ってくるのが、明日の祝日に間に合うといいなあ」

「(マロースおじさんが手紙を)持って行ってくれた!」

кла́сть / положи́ть 置く、寝かせる
забира́ть / забра́ть 持って行く
проси́ть / попроси́ть 頼む
све́жий 新鮮な
земляни́чка > земляни́ка オランダ苺
ожида́ть 予期する 予測する(不完)
хо́ть бы せめて〜だったら
коньки́ スケート靴
санки́  ソリ
приду́мывать / приду́мать 考え出す 思いつく
наде́яться что 〜をあてにしている 期待している
приноси́ть / принести́ 持ってくる
за́втрашний 明日の

「Придётся на балко́не снег убира́ть...а то го́сти не смо́гут фейерве́рк....」
「Дед моро́з забра́л моё письмо́!!!」
「Ну , коне́чно забра́л.это же дед моро́з!!!」
「Он принесёт мне земляни́чку! вот ребя́та обра́дуются , когда́ узна́ют!!」

「バルコニーの雪を掃除しないと…そうしないと、お客さんたちが花火を見られないから…」
「マロースおじさんが、僕の手紙を持っていってくれたよ!」
「そうよ、もちろん持っていってくれるわ。そりゃあ、マロースおじさんだもの!」
「(マロースおじさんが)オランダ苺を(僕に)持ってきてくれるぞ! そうだ、みんなが知ったら喜ぶぞ!」

приходи́ться / прийти́сь 〜しなければならない せざるを得ない
а то さもないと そうしないと
фейерве́рк 花火
эта же そりゃあ〜のことだからね(強調)
ра́доваться / обра́доваться 喜ぶ

「Приве́т ребя́та! а мы сего́дня бу́дем естъ све́жую земляни́чку」
「Ого! а...где вы её взя́ли?」
「Она же зимо́й не растёт」
「Я попроси́л её у де́да моро́за!!」
「Тьфу́-ты , а я уже́ обра́довался」
「Ты что!? , лу́нтик , в де́да моро́за ве́ришь?」
「Да , а вы ра́зве нет?」
「Хахаха…ха…」
「Мы не таки́е глу́пые. нет никако́го де́да моро́за!」
「Это то́лько вы малышня́ , мо́жете в таку́ю ерунду́ ве́рить!」
「А я во́все и не ве́рю. 」
「И я. 」
「Получа́й」
「Я ду́мал вы обра́дуетесь…」

「やっほー、みんな! 今日は、みんな新鮮なオランダ苺が食べられるよ」
「おお!どこで採ったの?」
「オランダ苺なんて、冬には生えていないだろう」
「マロースおじさんに頼んだんだよ!!」
「ちぇっ、喜ばせやがって」
「本気かよ! ルーンチク、マロースおじさんを信じてるの??」
「うん。君たちはまさか、いないとでも??」
「あーーははははは」
「俺たちはそんなにバカじゃねえよ。マロースおじさんなんているわけないだろ」
「そんなバカバカしいことを信じることができるのは、お前らのようなガキンチョだけだぞ!」
「あ? 俺は全く信じてないぞ!」
「私もよ」
「くらえ!」
「みんな喜ぶと思ったのに…」

расти́ / вы́расти 育つ 生える 
Тьфу́-ты ちぇっ
Ты что!? 本気か?正気か?
ра́зве まさか 本当に
глу́пый ばかだ
никако́й およそ〜ではない
малышня́ ガキンチョ
ерунда́ バカバカしいこと
во́все 全く


posted by パプリカ at 16:14| Comment(0) | Лунтик(ルーンチク・ルンチク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。